建築関連の求人における給料のプラス情報とマイナス情報

建設業界といってもその範囲は高層マンションの建設から戸建住宅の建設まであり非常に幅広いです。また業務も多岐にわたって細分化されており、1社でいろいろな業務を請け負う大手企業もあれば1つの業務だけを専門に扱う会社もあるなど会社の大きさもさまざまです。当然、就職する企業によって社員に対する待遇も大きく異なります。建築関連の求人サイトで給料を比較してみても月収20万円程度のところもあれば60万円以上のところもあります。さらに月収30万円から50万円などというように曖昧な表示であることも少なくありません。 では、就職する際にどのような点を確認しなければならないのでしょうか。収入を増やすためには業界特有の給与体系の仕組みを理解して判断することが重要です。

建築の仕事の求人は業務経験や資格によって給与が大きく違う

建設の仕事ほど業務経験や資格によって収入が違う業界は無いといっても良いかもしれません。マネージャークラスならプロジェクトの各業務における内容を把握して全体を見渡せるだけの業務経験が大きな強みになり給料アップに繋がりますし、資格があれば基本給に加えて資格手当がつくこともあります。 特に大手企業ではこの傾向が強く、たくさんの資格を持ちさまざまな業務をこなせる人材は優遇されます。たとえ入社時に資格を持っていなかったとしても入社後に資格を取得すれば収入増に繋がります。その場合は将来的な収入アップを見据えて資格取得支援制度がある企業に応募するのも良いでしょう。収入を比較する時は、見かけの給料だけではなく業務経験や資格によってどのくらい収入が変わってくるのかを確認することが大切です。

建築関連の求人は給料だけではなく労働条件を確認することが大切

建設関連の会社は大企業ばかりではありません。むしろ中小企業や小規模設計事務所のほうが多いです。そのような会社に応募する時は残業の規定を必ず確認する必要があります。特に土木関係は丁稚奉公的な習慣が残っていることや師弟関係が強調されることがあり、サービス残業が状態化しているケースがあります。残業代が適切に支払われるかを確認して就職先を選ぶことが大切です。 また、設計事務所の場合は法人ではなく個人事業主の場合もあるので注意が必要です。個人事業主の設計事務所の場合は従業員5名未満なら健康保険・厚生年金保険への加入が義務付けられていません。法人登記の有無、従業員数を確認することが大切です。中小企業や小規模設計事務所に入社する時は事前に労働条件を労働条件通知書や労働契約書で確認することが大切です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加